現代人のためのスキル入門サイト

仮想通貨の将来は今後どうなる? これからリップル価格はどこまで上がるか分析

2017年は仮想通貨バブル、そして2018年はバブル崩壊の1年となってしまいました。

高値で掴んで損切りしてしまったか、もしくは塩漬け状態という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな僕も暴落で四苦八苦していましたが、なんとか一部は暴落の最初の段階で利益確定、そして一部は損切り、という形で終了し、合わせるとなんとかプラスの状態で終わらせることができました。そして次の動きを考えています。

 

相場もトレードも一区切りついたということで、ここで今までのビットコインの振り返りと、そしてそこから分析できる仮想通貨の将来や今後どうなるのかという話、さらにリップル価格はどこまで上がるかを考えてみたいと思います。

 

やはりビットコインはバブルだった

まずは振り返らないと 次の動きが考えられないので反省から。

 

もう後付けでしかないので この話はあんまり考えてもしょうがないですが、ビットコインはバブルでした

チャートを見たら一目瞭然。これ以上言い訳できない。

 

でもこうやって右を隠すとまだまだ伸びていきそうだから不思議。目の錯覚みたいなもんで、バブルの途中にバブルを認識することはできません

 

別に僕は天才プロトレーダーでもなんでもないですが、それでも暴落の早い段階で逃げることができたのは、過去の歴史が物語っていたおかげでした。

このブログでも過去に「オランダのチューリップ球根バブルの話と同じだ!」「ビットコインと金は違う!」「世間にある程度知れ渡ったタイミングが売りだ!」と話してきました。

あらためて深く確信できたことがあります。少なくとも以下はこれからの投資でも役立つはず。

売るタイミングは、世間にある程度知れ渡ったタイミングがわかれば良いです。

それはつまり、

  • ビットコインユーザー数の伸びが減ってきたとき
  • 取引所の口座開設数の伸びが減ってきたとき
  • ブロガーさんならブログのアフィリエイトで仮想通貨関連の成約数が減ってきたとき
  • お昼のニュースでビットコインで儲かった人特集が出たとき
  • 今まで投資と無縁だった知り合いがビットコインを始めたとき

ビットコインの価値はどこまで上がる? 仮想通貨が高騰する理由から考える

 

世間のみんなが「ビットコインを買えば儲かる」と言い出したとき。

今までにまったく投資に興味のなかった人まで、いつのまにか「ビットコイン」と言い出してニュースや雑誌で騒いでいるとき。

そこまでビットコインの話が降りてきたときは、もう暴落が近いかもしれません。

だいたいこんなメカニズムになると思います。

  1. 趣味で誰かが面白いものを作る。
  2. 一部で楽しむ人たちがそれに価値を感じて買う。
  3. これに目をつけて金融商品として扱う人が出てくる。
  4. 関係のない一般人まで値上がりに乗じて買う。このときに専門家は売り抜け。
  5. もう誰も買わないのであとは売られていくだけ。価値が下がって売りが売りを呼び、暴落。

【ビットコイン終了のお知らせ】仮想通貨のバブルが崩壊し、終わりが来るのはいつ?

 

これらの記事を公開したときは、かつてない上昇まっただ中。

拒否反応を示す方も多く、「そんなことはない! まだまだ上がる!」とよく言われたものです。

 

しかし冷静に、過去の実例を忠実に守ってきたこと、そしてチャート分析の記事で書いたように、「暴落前の違和感」によって大損を免れることができたのでした。

 

結局なにが言いたいかというと、ニュースや材料、チャートの形で動くのではなく、根底にあるのは それを見ている人の気持ちで相場は動いているということ!

そして、人の脳や身体能力は100年たってもほとんど進化してないです。というわけで過去の相場の反省は今後も同じように活きるということが、あらためて確信できた出来事でした。

 

仮想通貨の将来は今後どうなる?

最初にいっておくと将来はどうなるかわかるはずがありません!

その前提で、だいたいこういうイメージで考えているよ〜っていうのを書いてみたいと思います。

 

結論から言うと、将来の実用が見込める通貨に限って、ジワジワ長い年月をかけて上がっていくんじゃないかと考えています。

そして、急激な上昇は当分、期待できないんじゃないかと思います。

 

というのも、バブルは仮想通貨売買に参入した新規ユーザー、そして上昇相場を見て買い増しに走ったユーザーが演出したものでした。

当時、テレビのニュースや Twitter の人気タグに「仮想通貨」や「ビットコイン」がよく流れていたと思います。

 

ここまで目につくところに連日のように露出していたので、おそらく今の全人口の中で、将来 仮想通貨売買をいつかやろうと考えている人には もう全員に情報が知れ渡っていると考えます。

そして、その中でまだやっていない人がこれからやる可能性を考えてみると、すでに大きなバブル崩壊のチャートが形成されているため、この恐怖のイメージから手が出しづらい構図になっています

 

というわけなので、あのような急激な上昇は今後 起こりづらいのではないかと考えます。

 

とは言いつつ、100人いたら安くなれば1人は欲しい人もいるでしょう。

下がるだけ下がったら、今度はいつか底がきます。

これはすでに廃れてしまったコインやトークンのチャートを見てみるとイメージしやすいです。

もうどう考えても下げられない、という値がいつかきます。

 

じゃあいつ上がるか。

それは、みんなが仮想通貨のことを忘れて見向きもしなくなったとき

もうテレビで放送されようが、良い材料が出ようが、逆に悪いニュースが流れようが、チャートにはまったく反映されずすっかり閑散としてしまったとき。

そこまで来ればリセット状態になっているので、上昇も期待できます。そして、もしかするともうそのフェーズに入ってきているのかもしれません。

 

リップル(XRP)の価格はどこまで上がるか?

「これを買っておけば儲かる」という口コミが拡散されることはもうない以上、これから上がる要因としては、将来も廃れていないか、未来の実用性があるか、買わないといけない理由があるか、ということが重要。

そして代表的なのがリップル(XRP)。人気ありますよね。

 

ただし上昇にはジワジワ長い年月をかけると思っています

「長い年月」が1年なのか、3年なのか、10年なのかというのはわかりません。今後の動きに注目が必要です。

 

2020年の東京オリンピックに向けて上がっていく株の銘柄をコツコツ仕込んでいた方もいるように、リップルの将来に期待して買っていく人、そして買わなければいけない状況になればゆっくり時間をかけて普及していくといった考えのもと、長い目で見ていく必要があります。

 

そして、どこまで上がるかもわかりません

結論をハッキリ言いたいんですが、2018年末にここまで上がると予想されていた重要人物の発言は、どれもはずれています。

そもそも未来のことを当てることはできない、というのが前提。なので参考程度に。

 

よく考えてみればリップル創業者ですら、最善を尽くすためにがんばっているでしょうが、それとは別で計画通りにうまく事が運べるかは当てられるはずがありません。

ましてや将来のXRPの価格なんて当てられない。

右往左往しながら、やがてゴールに近づいていく、といったものです。

 

例としてリップル(XRP)をあげましたが、他の通貨に関しても同じです。

回答があいまいになってしまいましたが、とにかく言いたいのは、将来の実用性を加味して売買したほうがいいって話でした。

 

個人的にはどう動いていくか

僕自身としては、ここらでちょっと様子見します。

もともと株式投資をやっていて、仮想通貨は値動きが大きく手数料が安いので始めて見たものでした。

その条件に一致しなくなってきていたので「また株に集中したいな」といったところです。少額でトレードはたまにやってるかも。

 

まとめ

ちょっと厳しい結果になってしまいましたが、バブルと崩壊を早送りで潜り抜けられたのはかなり貴重な体験だった。これまでの結果を認めて次に繋げていこうと思います。

以上、仮想通貨の振り返りと今後の分析でした!