早く資産運用を始めたほうが儲かるのはなぜ? 株をやってる僕が資産と複利の凄さをわかりやすく説明する

周りで株をやり始めた人から、

「ああ、もっと若いうちから株、やっておけばよかったな〜」

なんてことを耳にすることありませんか?

 

あと、友達にすすめられて「金持ち父さん」を読んでみたら、会社で働かされるのを辞めて早くラットレースから抜け出そうみたいなことが書かれているのを見て、正直、

「マジで何言ってるのかわかんない。」

「なにそれ? 自慢?」

って思った方もいるかもしれません。

 

僕もそうだったのですが、理論でわかっているだけだと あまりピンとこないし、

「自分には違う世界の話だな〜」

とか、

「まあ面倒そうだから自分はやらないだろうな〜」

なんてことを思いがち。

 

そんな僕も株式投資を実際にやってきた今でこそ、この意味を適切に理解して、やっぱり資産運用を若いうちからやっておいたほうが儲かるということがわかるようになりました。

お金を貯めて何かを実現したい人にとってはやっぱり金銭面で余裕が欲しいですよね。

 

ここでは、その理由を理解しやすいように、僕なりに実際の事例とともに説明していこうと思います。

 

若いうちから資産運用をやっておいたほうが良い理由

「なんで若いうちから株をやっておいたほうがいいの?」

 

これにざっくり一言で回答しちゃうと、花が咲くまでに時間がかかるから!

そして、長くやればやるほど複利で得をするから!

 

ちょっとざっくりしすぎたので、以下から例を出していきます。

 

まずはサラリーマンの例

国民のほとんどにあたる、会社に雇用されているサラリーマンの例。

 

この場合だと、自分の時間を会社に捧げる代わりに対価として給与をもらっています

そして、給与を上げる方法は、会社から給与を上げてもらうことです。

もし年齢に応じて順調に上がっていった場合、時間とともに比例して年収が上がっていきます。

 

次は資産運用の例

今度は、株式投資を例にあげてみます。

 

例えば100万円から運用をスタートした場合、順調にお金が増えて最初の年に年利20%で運用できた場合、1年で20万円もらえます

 

しかしこれだとサラリーマンで働いたほうがぜんぜん良いじゃん! ということになるのですが、まだそう考えるのは早いです。

1年で20万円もらえたとすれば合わせて、120万円になりました。

2年目は120万円で運用するので1年目よりも儲かるようになります。これが複利です。

 

これを繰り返していくと、10年後には1年で100万円以上も儲かるようになっています。

 

グラフにするとこうなります。

 

最初に勢いがつくまで時間がかかりますが、長い目で言えば、ずっとやっているとサラリーマンの収入を超えていくこともあります

また、そもそも株式投資は別にデイトレなんかじゃない限り、日中ずっとパソコンの前にはりついている必要はありません

 

1年目と10年目で儲かる額が増えていても、自分の労力が増えているわけでもなく、労働時間に比例するわけでもありません

つまり、何年か後には少ない労力で多くのお金を稼げるようになる仕組みがひとつ増えるということになります。

 

一般的によく言うラクして稼げるということになるのですが、錬金術ではなくて、これにもちゃんと理由があります。

株は自分の代わりにお金に働いてもらっています。

お金を会社に捧げる代わりに、そのお金で会社が成長することができれば、その対価で会社から成長した分だけお金をもらえるというものです。

 

会社にはすぐに実現したいことがあってもお金がなくてできないことがあります。

だからお金がある人に、出資してもらうのです。

つまり、お金があればあるほどそのリターンで儲かるようになるというわけです。

逆に言えば、そもそもお金を持っている人しかできません。

 

じゃあその資産運用に使うお金はどこから来るかと言うと、やっぱり自分でビジネスをするか、会社で働いて、最初に用意するお金は自分で汗水垂らして稼ぐしかないわけです。

だけど今、会社で働いて得た毎月の給与を貯金に回しているのであれば、それを毎月少しずつ資産運用に回していくこともできます。

そうすると、複利と合わせてますます加速度が上がってお金が増えていきます。

 

また数年も経てば、1年目に比べて投資スキルも上がっています。

1年で100万円が120万円にする力があれば、同じ労力で1000万円持ってる人は1200万円になる計算です。

いつか考えられなかった資産を築けるというポテンシャルを持っているのです。

 

株だけじゃない

ちなみに、株のように資産が倍々になっていくものはたくさんあって、不動産もそうだし、ブログだってそうです。

しかもブログだと株や不動産みたいに最初に高額なお金もかからないうえに、誰でもかんたんに始められます。

ブログの場合、記事が資産記事を増やせば増やすほど資産が増えて儲かる額も増えていくということになります。

(努力やセンスも必要なのでそう簡単にうまくいくわけではありませんが……。)

 

最近で言うと、YouTube もそれに値します。

この場合は動画が資産になります。

再生数に応じて収入が変わるので、動画を100本投稿していれば1年で10万円儲かっている人なら、数年後に1000本まで動画が増えたときには1年で100万円儲かるようになっているということです。

それは、収入が増えたからといって、なにか労働力が増えたわけではなく、仮に新たに動画を増やさなくても、毎年そこからお金を生み出してくれるようになります

 

まとめ

こんなふうに株などで資産運用をしたり、なにか資産になるようなビジネスを作っておくと、普通に働いているのでは考えられないような収入になるし、サラリーマンとして働きながらでも運用する方法はたくさんあるので、早いうちに資産運用を意識して収入アップの加速度を上げておくと、のちのち金銭面で有利になるよ、という話でした!

 

資産運用はやり方によっては大きなリスクが伴うので、まずは感覚をつかむために少額からやってみることをオススメします。

やらないよりは興味を持ってやっておいたほうがタメになると思います。

 

関連記事

仮想通貨のビットコイン投資をしてみたら、昨晩だけで5000円の利益。チャートでデイトレをしてみた結果。

これから株の長期投資を始めます。始める理由とメリットやデメリット(株式投資奮闘記 その1)

小学生でも読めるお金・起業・株式の超やさしいオススメ本 4選。難しい本が嫌いな方は、まずこの本から!

投資の始め方

これからビットコインや株を始める初心者の方向けに、最速で確実に始められる方法をまとめました。

必要なことは全て書いてあるのでこれだけ読めばOK。

この記事をシェアする