効率よく結果を出す法則とは……?

ブログに書くことがない! ブログのテーマに迷ったら最初は「雑誌ブログ」がおすすめ

先日、以下の記事を読んで

「僕のブログは雑誌ブログだよなー」

と再認識しました。

関連サイト雑記ブログと専門特化ブログどっちがいい?中間の「雑誌ブログ」を目指せ! | 趣味ブロガーの副業戦略

 

最初からテーマが決まっていればいいんですが、ブログに書くことがないという方、ブログのテーマに迷っている方は、最初のうちは「雑誌ブログ」という形で始めて見るのもアリなんじゃないかと思います。

 

雑誌ブログとは?

以下はリンク先の引用です。

具体的には、ブログのテーマを3~5個くらいにしぼって、ブログを運営してきます。

雑記ブログほどなんでもありではありませんが、かといって、専門特化ブログのようにテーマを1つにしぼるわけでもありません。

これにより、「運営しやすさ」と「稼ぎやすさ」を両立します。

雑記ブログと専門特化ブログどっちがいい?中間の「雑誌ブログ」を目指せ! | 趣味ブロガーの副業戦略

 

詳しい話はリンク先で読んでみてください。

要は雑記ブログと専門特化ブログの良いとこ取りってことね!!

 

僕のブログは雑誌ブログ

当初、僕のブログは雑記ブログとして始めました

専門的なことばかり書いてても

「どうせ飽きるだろうなあ」

と、自分の性格から考えてこういう形にしたのです。

 

僕は書くのがわりと楽しいので、とにかく続けることを最優先にして楽しさを優先した結果、雑記ブログという道を選択したのですが、稼ぐためには専門的に特化してテーマを絞ったブログのほうが有利と言われています。

あと、最近のグーグルの傾向だとやっぱり専門的なサイトの方が重視されている傾向のようです。

 

だから

「専門ブログいいなー」

とかも思うのですが、実は僕のブログって自分の好きなことを書き続けた結果、ある程度テーマが偏ってきてるんですよね。

具体的には株式投資、お金、仕事がテーマ。

そこから勝手ながら、人生を楽しく生きる方法を模索するブログの雰囲気を出そうと頑張ってます(笑)

 

これってある意味、専門ブログじゃないですか?!

 

専門特化ブログまでじゃないけど、雑記ブログでもない、それぞれのメリット・デメリットをごちゃ混ぜにしてどれもそこそこの力を発揮する雑誌ブログとなったわけです

 

雑誌ブログのメリット

以下の記事でも書いたんですが、雑記ブログとしては僕のような有名でもないブロガーの記事をじっくり読むことなんて少ないです。

だから雑誌のような感覚で手軽にパラパラ読んでもらえることを意識して書けば、少しずつ読んでくれる読者も増えていくと考えて書いています。

ブログで月間10万PVを達成してわかったアクセスアップの方法、アクセスを増やすコツ

 

そして検索からの流入についてもそこそこの恩恵を受けることができます

やっぱり、より多く書いたテーマの記事のほうが上位に上がる傾向があります。

 

例えば最近だと投資についての記事を書くことが多くて、だんだん昔書いた投資関連の記事だけ検索順位が上がってきています

 

で、雑誌ブログの一番の良いところは、そのテーマで飽きたり稼げないとわかったら、軌道修正しやすいということ。

 

いきなり専門ブログで書いてみて、うまくいかなかったら

「この数ヶ月なんだったんだ……」

ってなりがちです。

最初から戦略があってうまくいく見込みのある人なら大きな失敗というのはないのかもしれませんが、個人でブログをやったことがない人が始めるにあたっては、ある程度試行錯誤するゆとりが必要だと思うのです。

だから最初からピチッと型にハマった専門特化ブログからではなく、雑誌ブログを意識してみるのもなかなか良い戦略なのではないかなーと思いました。

 

僕のこのブログも、試行錯誤しながらそこそこのアクセス数と収入、自由に書けるがゆえのそこそこの楽しさがあります。

ぜひ雑誌ブログというアプローチもぜひ検討してみては!?

 

関連記事

副業としてネットで稼ぐには? ブログで稼ぐための教科書「ブログ飯」は正攻法が学べる本 タクスズキ著「副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト」はネットで稼ぐための超実践的な本だった ブログで月間10万PVを達成してわかったアクセスアップの方法、アクセスを増やすコツ ブログ5ヶ月目で月間10万PV突破! 広告・アフィリエイト収入とアクセス数・PV数の推移 5ヶ月で月間10万アクセス達成までのブログ奮闘記 その1(会社をやめてフリーランスになった)