誰かを満足させるために話すことはやめた

会話は相手が楽しくても自分が楽しくなければその関係はすぐに終わってしまう。

 

普段の会話や飲み会での雑談でときどき感じるのは、相手に気持ちよくしゃべってもらうことは仲良くなるために大切なコミュニケーション方法のひとつだけれども、それは相手が気持ち良くなれても、やりすぎると自分にとって得はないなあということだ。

 

人によって考え方は違う

人というのは不思議なもので、相手が自分と違う意見を持っていると、自分の意見に囲い込もうとするものだ。

そうやって仲間を作って陣地を取り合い、それに共感して入り込む人もいる。

ただ、そういう仲の良くなり方だと、自分は本当に得をしないし、逆にストレスになることだってある

 

会話をしていて一番楽しいときって、相手と自分が本当に共感できることや興味を持っているものに対して熱く語れるときだ。

一番自然で、安定して楽しく喋れる。

 

ただ、人と考えていることがまったく一緒になるなんてことはまずない

そうして考え方が合わないときに、誰かが他人のことを中に取り込もうとする瞬間、ひずみが生まれて急に殺伐となってしまう

 

みんな認められたい

なんでこうなってしまうのかと考えれば、それはみんな誰しもが認められたいからだ。

他人を自分と同じ考えにして気持ちよくなりたいという欲求はそう簡単に止められるものではない。

 

だとしたら、相手に気を使って取り込まれるのではなく、自分の立ち位置を守りながら相手に気遣いや思いやりを持てたほうが、自分も幸せになれるのではないだろうか。

考え方は違うかもしれないけれど、お互い認め合える関係になって、それを維持し続けられたらお互いにとって幸せなことだなと、そう感じるようになった。

 

僕のエゴ

僕は昔、他人と意見が食い違ったときに、自分のことをわかってもらおうと頑張りすぎていたことがある。

そうやってきて思ったのは、それには必要以上に体力を使うということ、それに、理解を得られたとしても他人の何かを犠牲にしたような気がして、虚しくなっていた

 

自分の正しいと思っている意見を相手に教えて理解してもらえれば、それが他人を幸せにすることだ、と思っていたとしたらそれは全く違っていて、それは自分の認められたい感情からくるただのエゴだということに気づいてしまったのだった。

 

僕がそう思うようになってから、誰かを満足させるためだけに話すことはやめた。

 

関連記事

会話がうまい人は相手に喋らせるのがうまい【会話が上手い人の特徴】

ゲームの世界でいうMPは現実にもあって、それを奪う人になるとヤバイという話

熊代亨さんの本「認められたい」を読んで知った承認欲求の正体とそれにうまく付き合っていく方法

社会で消耗したい人と消耗したくない人がいることを覚えてから世界が広がった

仕事がイヤになったら

3回転職してきた僕が、転職を考えたら最初に見ておくべきサイトをまとめました。

今では働き方も多種多様。あなたに合った仕事を見つけましょう。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

投資(株、ビットコイン)とウェブサービス開発で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

ひたすら何かを書いていたい、作っていたい。