効率よく結果を出す法則とは……?

サラリーマンが副業をやるべき本当のメリット【仕事の生産性と効率アップ】

僕は実を言うと、会社員時代からウェブサービスを作ったり ブログを書いたり 株に手を出したりして小金を稼いでいました。

とは言いつつ別にお金持ちになりたいわけでもなく、いつか独立して自分の力で生活できるようになっていたい、と そんなことを夢見ていたのです。

 

ただそうやっていくうちに夢とは関係のないところで、思いがけないメリットというか、サラリーマンでも副業しておくべきともいえる素晴らしい特典を受けられることに気づいてしまったので、今日はそれについて書いていきます。

 

会社員(サラリーマン)こそ自分でお金を稼ごう

僕は今でこそたまたま副業が本業になったのだけど、たとえサラリーマンを続けるにしても副業をやっていたと思うし、周りにもそれをすすめると思う。

ただ、それはみんなが会社を辞めることを目指せと言いたいわけではないです

 

会社員のデメリットをあげるなら自分で対処できない範囲が大きいということ。

給料が変わる、立場が変わる、出張で住む場所が変わる、業務内容が変わる、関わる人が変わる、といった突然の変化に日々対応していかなければなりません。

それは自分の日々の業務とは関係のないところで突然 起こります。

 

どうしても大きなグループで動く以上は全員の都合を取り入れることはできないため、ひとりひとりで見たらある面は良いけど ある面はガマンしなければならないことなんてたくさんある。

それによって余計なことに労力を割いてしまい、毎日の仕事に100パーセント神経を集めることは難しい

 

ここでなぜ副業をオススメするのかというと、これらの雑念を取り払って むしろ目の前の本業に集中できるから

 

サラリーマン(会社員)が副業をやるメリット

よく副業していたら本業に集中できなくなるからやめてほしいという会社も多いと思う。

たしかに仕事帰りに徹夜でバイトなんかやって睡眠時間が削られてしまえば次の日の仕事に支障が出る。それは僕もどうかと思う。

そういう時間に比例して賃金を稼ぐようなものではなくて、投資やブログのようなコンテンツを仕掛ければ仕掛けるほど自動的に利益になっていくものとか、自分のスキルを売ったり 自分で作ったオリジナル商品を売るといったいわば趣味をお金に変えるといったもの

こういうものを少しでもいいから普段から意識的に作っておくといいです。

 

実際のところ身をもって経験してきたからこそ言うと、こういうものからお金が毎月入ってくるというのはかなり強かった。

 

僕は会社員をやりながら株を勉強してコツコツ貯金を増やしたり、自分のサイトからアフィリエイト収入がありました。生活できるほどのものではなく、ほんの些細なお小遣い程度ですが。

しかしながら、そんな小さなものであっても こうすれば稼げるんだっていう感覚を知っているだけで、正直言うと昇給で一喜一憂したり、仕事でうまくいかなかったときに必要以上にへこむとか、上司に必要以上にがんばって気に入られようとするとか、キャリアを焦ったりとかそういう雑念がほとんどなくなってしまったのです

そして何かイヤなことがあったときでも会社を辞めようという気持ちが起こる前に、どうせいつでも辞められるんだから今まで以上に目の前の仕事に集中しよう、と考える状態を作り出すことができました。

さらには自分自身にメリットがないと思えば本当にいつでも辞めることができます。そのほうがお互いにとっても Win-Win です。

 

選択肢を増やすことで得られるストレスからの解放

会社に所属している方はわかると思いますが、社員の人数が多くなればなるほど派閥ができたり 人間同士のいざこざが起きたり 理不尽に責められたり、なにかとトラブルが起きるものです。

業務の多くが人間同士の均衡を保つための時間に取られてしまう。めんどくさい。

 

それってなんで起こるかって言ったらほかに選択肢がないから

ほかに選択肢がないから自分の立場を必死に守るためにも 業務と関係ないところで頑張ってしまうんですよね。

そうなってしまえば時間のムダ遣い。ひいては人生のムダ遣い。楽しくないです。

 

そうならないためには今の会社がすべてと考えないことです。というか実際に それがすべてじゃないですし。

それがわかると心の余裕が生まれて仕事の質が上がります。その状態を手っ取り早く構築するのが、別の収入源を作っておくということ

 

いい仕事の条件

僕が思うに、本当にいい仕事は「余裕」と「好きなこと」が掛け合わされたときに生まれる

余裕ができてしまうと調子に乗って仕事をサボるんじゃないかという考え方もあると思うけど、それはそもそもその仕事が好きじゃないから。

今の会社を辞めて自分の好きな仕事をやれる会社に転職すればいいという話。

 

逆に適正に合った仕事なのに余裕がなければ お尻を叩かれてタスクに奮闘する日々で楽しくない。経験ゼロだったらそれはそれで成長するけど。

ただし創造的なものはそこから生まれない。

 

マジメに会社のために仕事に取り組みたい! という人ほど この「余裕」と「好きなこと」が必要になってくる。

 

ちなみに ここで言っているのはお金を増やすのが目的じゃなくて、仕事を充実させるための手段として 別の収入源を作っておくということ。

だから別にお金じゃなくてもよくて、信頼のおける知人を増やすことでも、ツイッターのフォロワーを増やすことでも、とにかく仕事とは別にもう一個 会社とは別で頼れるものがあれば別になんでもいい。

 

仕事を楽しもう

僕はそれを5年くらいやってきて結局、今は本業になってしまいました。

僕はやりたくないことは絶対ガマンしてもやれないタイプなのですが、もともと仕事は好きです。

考えることと動くことには惜しみなく費やすので、できるだけそのパフォーマンスを上げるために「余裕」と「好きなこと」を作るようにして 明日は何をしようかな、と毎日 考えています。

そうすると働くのが楽しくなります。

 

自力で稼ぐことって難しいと思うけど、仕事を充実させるための副収入って考えたら小さくてもいいので実現しやすいです。

今の仕事に違和感がある方にオススメ。