ビットコイン(仮想通貨)の自動売買(システムトレード)結果。4ヶ月でいくら儲かる?

このブログで何度か紹介してきましたが、ビットコイン(仮想通貨)の自動売買(システムトレード)プログラムを作ってデイトレードしてました!

 

▼自動売買プログラムを作ったときの話

Coincheck でビットコイン(仮想通貨)の自動売買を行うシステムトレードプログラムbot を作成してみた

2017.09.12

 

▼始めてから1ヶ月後の結果はこちらに書きました。

ビットコイン投資でいくら儲かる? 自動売買プログラムでデイトレードした結果を公開

2017.10.28

 

そして、スタートしてから4ヶ月が経った年明け、下落トレンドに入る危険を感じて撤退しました。

 

というわけで、500万円を元手に9月17日〜1月19日までの間、ビットコイン(仮想通貨)で自動売買(システムトレード)を行っていたことになるのですが、この4ヶ月でいくら儲かったのかまとめておきたいと思います!

 

自動売買(システムトレード)していた期間のチャート

自動売買(システムトレード)していた期間である 9月17日〜1月19日のチャートがこちら。

 

基本的には右肩上がりのチャートでした。

この上昇トレンドに合わせて基本的にはどんどん買って攻めていく感じのルールにしていたので、下落すると不利になってしまいます。

そのため年明けからは成果があまり出ず、いったん撤退することにしたという流れです。

 

前の記事みたいに損益のグラフも出せたらよかったんですが、データベースに保存していたデータをリセットしてしまい、消えてしまいました……。

ただこれに関してはだいたい同じペースでジワジワ増えていくので、前に出したスタートから1ヶ月後の結果のグラフをそのまま右に伸ばした感じになってるはずです。

▼いちおう前出してたグラフがこれ。

 

このグラフを見てもわかるように、1ヶ月ちょいでプラス80万円。

 

結果は4ヶ月でプラス320万円

じゃあ9月17日〜1月19日の4ヶ月間でどうなったかというと、

最終的な利益は320万円で終わりました!

 

たまたまですが、最初の1ヶ月と同じようにプラス80万円ペースを維持していた計算になります(すごい!)。

 

ビットコイン(仮想通貨)の自動売買(システムトレード)をやってみた所感

小さくても安定して長く利益を出し続けられるようにしたい

結果、500万円の元手を使って毎月80万円を稼いでくれるシステムを運用していたというイメージです。

ただ過去の大きな上昇トレンドから考えると、実際にSNSやブログでは億り人になってる方たちもたくさんいるし、そんな驚く結果ではないかもしれません。

だけど個人的には満足すぎる結果です。

 

基本的にこのルールは、上がっても横ばいになってもプラスになるルールで作ってあります。

だから別にチャートが上がろうと下がろうと関係なくて、どんな相場であっても利益を出し続けられるようにするのが目標です。

どちらかと言えば、レートがよく動くかどうかのほうが重要になります。

 

今まではというと、ずっと上昇トレンドで、かつ値幅が大きく動いていたので、結果的にはガチホして年末か年明けあたりに利益確定した人が勝ち組という結果になりました。

ですが、僕のは大きく上昇してもそのわりには利益が小さいけれど、逆に上昇しなくなって横ばいになったとしてもそれほど相変わらず同じペースで利益を出し続けてくれるはず。

なのでこのルールの真価が発揮されるのはこれからかなーという感じです。

(まあルールは定期的にメンテナンスしてるので、今と同じルールを使い続けるということはないと思いますが。)

 

というわけでこれからは別のコインに乗り換えて、引き続き運用していきます

 

自動売買(システムトレード)は小さい利益をすごいスピードで取っていくことに優位性がある

自動売買(システムトレード)は人間の手でやっていることをプログラムが自動でやってくれてるだけなので、別に人力でやっても良いということではあります。

むしろ機械的にやる分、小さな市場の変化に気づけず、無駄な損失を出しちゃうこともあると思います。

 

だからこの自動売買(システムトレード)の優位な点は、利益にはなるんだけど人間の手でやるのが面倒すぎる売買手法や、数秒間ごとの細かく刻んだ売買を24時間続けられるというところにあると考えています。

極端な話、1円を1億回とれば1億円になるし、でも人間の手だったらそれをやるのに何百年もかかるけど、それをショートカットして短い時間でやってくれるのがコンピューターの強みです。

 

というわけなので、せっかく自動売買(システムトレード)をやるならコンピューターの強みを生かした売買のほうが利益に繋がりやすい感じはしています。

 

ビットコイン(仮想通貨)は まだまだ想定外のリスクが恐い

ほんとは年利200パーセント近くのパフォーマンスが出せるのであれば、元本の500万円だけじゃなくてさらに資金を追加したり、得た利益もシストレに回して複利を得られるといいのかもしれませんが、個人的には多くの資金をビットコイン(仮想通貨)に投入するのはちょっと恐いです。

 

仮想通貨取引所からコインが流出している事件は世界中で起こってるし、日本でも実際にNEM流出事件が起こって資金が凍結してしまうことがありました。

 

こういう仮想通貨取引所でコインが流出するリスクや、倒産するリスク、不正にログインされて資金が抜かれてしまうリスク、コインの価値が急になくなるリスクなどなど、もしかするとこれ以外にも想定外のリスクがまだ潜んでいるかもしれません。

ほんとここ一年で急に流行ったものなので、きっと今年も良い方向にも悪い方向にも状況が大きく変わっていくだろうし、そこから生まれるまだ未知のリスクが潜んでいるかもしれないので、現状では僕の全体の資金量から考えて出せる資金は500万円までという判断です。

 

これからも得た利益はどんどん銀行のほうに戻して、貯まったら株なんかに回していこうかと考えております。

 

これからどうするか?

ひとつは、500万円でリップル(XRP)の自動売買(システムトレード)をスタート

というわけで、ひとまずビットコインの自動売買はこれで撤退することにしたのですが、これからは何をするかというと、今度はリップル(XRP)で自動売買(システムトレード)をやります。

 

ビットコインの下落も落ち着いてきたので、そろそろこのまま復活しても良いとは思ったのですが、どうせまたやるならビットコインよりもリップル(XRP)のほうが、下げも限定的で大きく上昇する伸び代があるのと、急に価値がゼロになるリスクが少ないかな〜という判断をしました。

あと bitbank ではリップル(XRP)を販売所という形ではなく、取引所として板を見ながら注文でき、APIも提供しているというので、技術的にリップル(XRP)でも自動売買が実現できるようになったという節もあります。

 

というわけでまた500万円を元手に、リップル(XRP)の自動売買(システムトレード)をスタートしました。

リップル(XRP)の将来性にかけて100万円分 投資してみた。相場は今後どこまで上がる?

2018.01.15

 

ちなみにこれに関してはまた自動売買(システムトレード)にふさわしいと感じるコインが出たら乗り換えることもあるし、ルールも適宜変更していくと思うので流動的になる予感です。

 

もうひとつは、100万円でリップル(XRP)の長期投資

で、もうひとつ。前に記事で書きましたが、リップル(XRP)で長期投資を行います。

こっちは動かさず数年単位で持っておく予定です。

 

だいたいレートが100円のときに10,000XRPを購入しました。

リップル(XRP)の将来性にかけて100万円分 投資してみた。相場は今後どこまで上がる?

2018.01.15

 

100万円分がいくらになるか、気長に見守っていきたいと思います。

目指せ10倍!

 

まとめ

というわけで今までのビットコインの自動売買(システムトレード)はやめて、リップル(XRP)に乗り換えたのと、それとは別にリップル(XRP)の長期投資を始めることにしました。

現状はリップル(XRP)2本立て。

 

またなにか変更があったり、節目があったときは結果報告していけたらと思ってます!

リアルタイムな売買のようすは Twitter でも流しているので、よかったらフォローしてみてください!

この記事をシェアする