効率よく結果を出す法則とは……?

夢を支援し合えるサービス VALUとは? VALUの始め方と使い方(登録、公開までの手順)まとめ

2017年5月31日、彗星のごとく現れたVALU

インターネットが好きなので、いろんなウェブサービスに普段から触れることが多いですが、ここまでインターネットでワクワクしたのは数年ぶりかも……!

 

 

僕も実際に使ってみたので ここではVALUとは何か? そして、VALUの始め方と使い方(登録、公開までの手順)をまとめていきます!

 

VALUとは?

「VALU」はなりたいものや、やりたいことを実現するために、 ユーザー同士で支援し合えるSNS。

個人に対して値段がついて、株式のように出資ができるサービスです。

f:id:sakagami5:20170606122101p:plain

 

公開時から話題になった「VALU」

数日前から Twitter や Facebook でいきなりタイムラインに現れるようになりました。

今までにない新しいサービスで、影響力のある有名な方からも注目されています。

 

資産運用や個人の価値を上げるということが必要だと感じる世の中になってきていますね。

 

実際にいろいろ覗いてみる

現在の時価総額ランキング

 

個人の横に「時価総額」がついている光景が新鮮すぎて面白い。

しかも実際のお金が動いているのが信じられん。

ちなみに単位はBTC(ビットコインの単位)

 

「初値」、「終値」、「高値」、「出来高」があるのも株と同じ。

 

まであります。

 

もちろんチャートも。

そこそこユーザーがいてちゃんと動いてるのがすごい。

早くこの波に乗りたい。

 

VALUに登録する

このビッグウェーブに乗り遅れる訳にはいかん!

というわけで早速、登録したので手順をまとめます。

 

ビットコインを買ったり審査があったりといくつかの手順は踏みますが、別にそんな面倒なことはないです。

 

まずは公式サイトにアクセス

公式サイトVALU | だれでも、かんたんに、あなたの価値をトレード。

 

新規登録ページからFacebookアカウントで認証を行います。

スクショを撮り忘れたのですが、確かその後に名前と簡単なプロフィールを入力して、登録完了でした。

 

プロフィールは後から編集も可能で、さらに詳細なプロフィールも記入できます。

 

カテゴリの一覧には「YouTuber」や「アイドル」もありました。

 

登録直後は審査中ステータスになります。

どうやらこれに通らないと自分の株式が公開できないみたい。

 

自分の株式の情報を入力しておくことは今からできるようだったので、早速やってみます。

 

MY VALUの作成ページからSNSの連携を行います。

Facebook や Twitter の影響力から時価総額が算出されるようです。

Facebook だけ連携した状態だと、確か0.2BTCくらいだったのに、フォロワー数の多い Twitter を連携したら一気に11.733BTCに。

 

次に発行VA数・価格の設定を行います。

夢中すぎてここもスクショを撮っていないですが、デフォルトの設定のまま進めました。

1VA 1000円くらいの手軽に買える価格を推奨しているみたいです。

 

そのまま案内に沿って言われるがままにポチポチとボタンを押していくと、審査に申し込まれました。

これに受かればめでたく上場!

審査が終わるまでしばし待ちます。

 

ビットコインの取引所に登録

VALUのサービス内ではビットコインを入金して、そのお金で売買を行います。

VALUに登録している他の人を支援する場合はビットコインを購入するための取引所に登録します。

 

取引所はいくつかありますが、 bitbank が使いやすくてオススメ。

以下のアプリをダウンロードして登録できます。

ビットコイン リップル 取引アプリ bitbank

ビットコイン リップル 取引アプリ bitbank

bitbank,Inc無料posted withアプリーチ

 

メールアドレスで登録し、本人確認書類の提出をすませると、こちらも審査に回るそうなので完了までしばらく待ちます。

 

プロフィールを設定

VALUの審査が終わったら、「MY VALUの管理」→「基本情報」のページへ進み、名前や挨拶文、プロフィール画像などを入力します。

他の人がこの情報を見て自分のVALUを購入してくれるので ここは重要。

 

優待を追加

「MY VALUの管理」→「優待情報」のページへ進み、優待を追加します。

「VALUを保有してたらこんな特典がありますよ〜」っていうやつです。

 

必須ではないですが、登録しておいたほうが喜ばれるし、内容によってはそれを目的にVALUを購入してくれる人もいると思います。

優待を登録している人にVALUの購入者が集中しているというウワサも耳にしたので僕も追加しました。

 

これで自分の情報はすでに公開された状態になっています。

 

売り注文を入れる

このままでは誰かがあなたのプロフィールを見て買い注文を入れたとしても、取引は行われません。

自身で保有しているVALUに売り注文を出しておきます。

以下は0.0035BTCの価格で、10VAを売却に出す例。

 

注文を入れると自身のVALU情報で以下のように、売り注文した価格とVA数が載っていることが確認できます

誰かがこの価格以上で買い注文を入れると売買が成立します。

 

あと上の画像では、すでに誰かが 0.00352BTC の価格で 2VA の買い注文を入れていますね!

ここでそれ以下の価格で売り注文を入れたら、すぐに売買が成立します

 

いや、この価格では売れねえ!」っていう強気の判断をするならここは売らなくてもいいし、売ってもいいし、自由です。

 

価格の推移はチャートで見られるようになっているので、上がっていれば「盛り上がっているなあ」とか一目でわかるので、売りに出す価格を考えて出す意味はここにあります。

 

ただ、自身の価値や優待以上の価値で価格を設定してしまうと、今度は売れなくなるので、そのバランスが難しいところ。

 

ゆくゆくは自分の価値の変動に合わせて、勝手に売り買いが交錯し、チャートが上下していると面白いですね。

 

自分のVALUをいろんな人に見てもらおう

VALUを公開したら、とにかくいろんな人に見てもらわないことには始まりません

 

ブログやツイッターなどのSNSで、自分のプロフィールページをシェアします。

ハッシュタグの「#VALU」「#バリュ」をつけておくと、フォロワー以外の方からも見られる機会が増えます。

 

 

VALU上でもTwitterのようにつぶやけるので、こちらにも何か動きがあれば投稿していきましょう。

いいねやコメントがもらえたりします。

 

とにかく何か動いている感じを出すのは大事です。

 

あと、VALUをやっている他の方をウォッチリストに追加すると、相手の通知にあなたが追加したことが出てくるので、もしかすると見てもらえるかもしれません。

情報を受け取る意味でも気になった方はどんどん追加していくと良いと思います。

 

意外に買ってもらえる!

やってみてまだ2日目だけどわかった感想は、

意外に買ってくれる人がいた……!

 

SNSでシェアしたので僕のことをもともと知っていたか、たまたまVALUカテゴリからやってきたのか、投機なのか、なんにせよ僕のことを見て買ってくれる人がいたことはとにかくうれしいです!

 

よーく見てみると、「VALUを探す」ページでカテゴリ一覧を見ると、例えばブロガーならまだ300人ほどしかやっていないんですよね。

だから今は注目されやすいように思います。

 

今まで芽を出していなかった人がこれを機に注目されたり、新しい繋がりができるチャンスもあるので、資金調達以外のVALUの見えない可能性がまだまだありそうです。

 

もともとニコニコ動画もTwitterもYouTubeも、初期にユーザーが勝手に新しい使い方を模索していったことがサービスの新たな発展に繋がったので、VALUもそんなポテンシャルを秘めた未来を感じるサービスであると言えます。

サービスの新機能も控えているようなので、今後が楽しみです。

 

 

僕のVALUもよろしくお願いします!

とういうわけでまだVALU公開2日目ですが、僕のVALUでもどんどん取引が行われています。

優待もあるのでぜひご覧ください!

関連サイトVALU | さかがみのVALU