まだ東京で消耗してるの? ←しばらく東京で消耗するのも悪くないよ

f:id:sakagami5:20170308173037j:plain

  

まだ東京で消耗してるの?

  

↑とりあえず言ってみたかったやつ。 

  

これは超有名ブロガー イケダハヤトさんでおなじみのブログ。

  

タイトル一言だけでブログの内容がわかるうえにセンスまで感じさせてくれるこのタイトルの威力はすさまじい。このタイトル欲しい。

  

ところで、そんな僕はいま東京で消耗しています

そしてここに一生住もうなんてことは思っていません

  

やっぱり人が多い分だけ密度が濃すぎて、情報過多だし、イライラすることが多いし、アクセクしている感じがします。とりあえずみんな忙しいみたいな。

久しぶりに地元帰ると、すごく人間に戻った感じがして、そのたびにやっぱり適度な濃度で暮らしたいと思います。

  

みんな屈託のない笑顔を見せます

たぶんストレスが少ないんでしょう。

  

だからいつか田舎に戻って「まだ消耗してるの?」ってこのブログでひたすら連呼してみたいもんだぜ。

  

だけどまだ東京で消耗していく

だけど、それはいつかの話で、まだ当分は東京でいいかなと思う

ド田舎で生まれたからわかるけど目的ないと結構すぐ飽きるよ?!

  

それでもいいっていうのならいいんだけど、なんだかんだいって欲しいものや行きたいところはたいてい近くにあって便利。

海外から上陸した新しいお店、イベント、習い事、友達作りまで話題に事欠くことはまずありません。

  

この東京っていうのは極限まで自分の中に新しいものを吸収して、能力を高めてくれる場所

まさにポケモンの「不思議なアメ」。チートみたいなもんだと思う。

人生の合宿って思ったらこんなすばらしいところはない。

世界一インプットに最適な場所だと思います。

  

だってもし仮に料理教室に通いたいと思ったら、都内のいたるところにクッキングスタジオがあります。

その前にエプロンや料理の本を揃える準備が必要なんてことになってもだいたいのお店が近くにあってその日にそろえてその日から通い出すことができます。

しかも先生はその道に精通しているプロの料理人。

その気になればメディアで有名な人に教えてもらうことだってできると思います。

こんな風に思い立って本気でやろうと思ったらある程度のことならすぐにできます。

  

田舎だったらこうはいかない。

まず料理教室がない。

あっても車で30分かけて隣町にいかなければ……なんてことがザラにある。

  

やっぱり狭い空間の中にさまざまなものが密集しているのは移動時間がかからなくて効率的です。

とっても便利。ただ、便利がゆえに犠牲にするものもあります。

  

それはお金です。

  

いろいろなものがある分だけ、何かとお金が必要なタイミングは増えます。

人が多くて売れているものは単価も高いです。

  

ちょっとランチに出かければ1000円なんて気を抜いたらすぐに飛んでいきます。

周りも普通にそれくらいランチにお金をかけます。

時間がないから弁当なんて作ってる暇はありません。

だけどその代わりに給与の水準も高いです。

  

新卒で入社した会社の大きなビルで働いていたときは、お昼はエレベーターが混みすぎて下に降りるまで20分かかることもしばしば。

だから高いお金を払って出前をとっていました。

  

たくさん時間をかけて働いてたくさん給料をもらって、そのお金で時間を取り返します。

  

仕事とお金と時間が、自動車のモーターのようにぐるぐる回っています。

  

f:id:sakagami5:20170308171005p:plain

  

本来ならこんなフル回転でモーターを回す必要はありません。

だけどモーターを回せば回すほど、たくさんのものを吸収して自分の力になります。

東京はこのモーターを回し続けるのに最適な場所です。

  

だけどいつまでもこんなフル回転させていたらすぐにすり減って動かなくなります

  

だから東京で最速の短時間で吸収するだけ吸収して、あとは田舎かちょっと郊外にでもいってのんびり自分の好きなことをアウトプットするっていうのはどうかなと思う今日この頃です。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

投資(株、ビットコイン)とサイト運営で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「あれ、もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

社会の波に流されながらも自由に生きていきたい人です。