松本人志「ドキュメンタル」が面白い! ネタバレ感想とレビュー【アマゾンプライム】

Amazon のプライム会員特典で全話見放題になっている松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」

軽い暇つぶしに見始めたつもりがすっかりハマってしまい、全話 一気に観てしまいました。

 

テレビにない新しい挑戦や、何をやっても良いという自由なルールのもとで芸人さんがやりたい放題で力を発揮していて面白い。

テレビとは違ってネットでしか観られないというところと、観たい人だけが観れば良いという番組なので、ターゲットを絞って本当にお笑いが好きな人に向けた番組となっています。

 

「すべらない話」や「IPPONグランプリ」といったお笑いに制限を加えた松本人志エッセンスが好きな方には とくにおすすめ。

まだ観ていない方向けに「ドキュメンタル」のルールやネタバレ感想、レビューを書いていきます!

 

ちなみにアマゾンプライム(Amazon Prime)会員になると特典で「ドキュメンタル」が見放題になります。

通常は月400円かかりますが、今なら30日間無料体験ができるので この期間内に解約すれば無料です。

 

「ドキュメンタル」のルール

基本ルール

 

「ドキュメンタル」は 密室に10人の芸人さんを閉じ込めて、お互いに笑わせ合いを行うゲーム

笑ったら退場。制限時間の6時間で最後まで笑わなかった芸人が勝者となります。

参加費は自腹で100万円。優勝したら優勝賞金1000万円がもらえます。

 

制限時間内に勝者が決まらなかった場合

6時間以内に最後の1人になれば優勝が決まりますが、時間内に2人以上残っていた場合はドローで賞金は誰ももらえません。

途中のシーズンからは必ず誰か優勝が決まるようにポイント制が導入され、最後まで残った人の中で 笑わせた回数が一番 多かった芸人が優勝というルールに変更されました。

 

笑ったときの判定

 

笑ったかどうかは別室のモニターから松本がチェックしています。

笑うたびに松本からカードが出され、1回目はイエロー、2回目はオレンジ、そして3回目のレッドカードになると退場

大笑いしてしまったら1回目からオレンジが提示されたり、2回目でレッドカード退場になる場合もあります。

 

ゾンビルール

シーズン3からはゾンビルールが追加されました。

 

退場となった芸人さんはゾンビルームで待機し、ゾンビタイムになったら密室に戻って まだ脱落していない芸人さんを笑わせることができます。ゾンビタイムは松本の判断で発動されます。

時間内に全員を笑わせることができれば、優勝者はいなくなり参加費の100万円は返還されます。

 

このルールによって早々に退場した芸人さんも芸を披露するチャンスができました。

 

助っ人ルール

シーズン5からは助っ人を1人 呼べるようになりました。

あらかじめ用意しておいた助っ人を自分のタイミングで密室に呼び、一緒に芸を披露することができます。

 

出演者が豪華

もうとにかく出演者が豪華

とにかくお笑いの力でのし上がってきた力のある芸人さんが揃っているという感じ。

 

だから全員 例外なく面白くて、それぞれの個性がふんだんに発揮されています。

 

ライブ感がすごい

 

あらかじめ用意してきたネタも もちろん出てくるし、あとはリアルタイムに思いついたネタを次々と披露していくシーンも見ものです。

優勝者を決めるという意味では個人プレーなんですが、ネタを笑いに変えるという意味では芸人さん同士の協力プレー。緊迫感があります。

その緊張感のある空気だからこそ少し緩んだときに唐突に生み出される笑いがすごく面白い

 

時間制限と密室に閉じ込められているという制限の中で、芸人が極限まで追いつめられることで生まれる笑いは必見です。

 

下品な表現が多い

これは人にとってプラスでありマイナスの要素にもなることがあるのですが、番組概要の中でこんな注釈があります。

当番組は、番組の性質上、ご覧になられる方によっては一部不適切と感じられる場合がございます。

 

これの意味するところはとにかく下品!

下ネタも出てくるし、モザイクをかけなければならないシーンもたくさん出てきます。

 

お笑いはどうしてもこういう表現と隣り合わせなところがあるものの、視聴者層が広いテレビでは泣く泣くカット……なんてことがありますが、ネットで配信していてターゲットが絞られているゆえか、こういうところもカットなし。

こういうのが苦手って方も もちろんいると思うので、そんな方はご注意ください。

 

なんというか芸人さん同士の本気の飲み会を覗いているような感じ。

芸人さんが好きなことを好きなだけやっていて悪ノリ前回で、逆にハマる人にとっては テレビでは観られない笑いを垣間見ることができます。

 

「ドキュメンタル」の各シーズンのネタバレ感想、レビュー

「ドキュメンタル」は定期的に新作が公開されていて、現在はシーズン1からシーズン5まで公開されています。

各シーズンのネタバレ感想やレビューを書いていきます。

 

ドキュメンタル シーズン1

 

5段階評価のレビュー

★★★★★(5点)

 

ネタバレ感想

初回シーズンはやはり文句なく面白かった。

ルール説明から導入までの空気感がよくて最初からすでに面白い。

どんな感じになるのかわからず常に探り合い状態なので、そのぎこちなくモタついた感じがまた笑いを増幅させます。

 

ジミー大西がとにかく印象的。笑いの空気を根こそぎ持っていきます。

最初からスタートダッシュを切って芸を爆発させる芸人さんもいれば、退場者が増えて人数が少なくなった頃にじわじわ力を発揮し始めるタイプの芸人さんもいるのも見どころ。とくに序盤は音沙汰なしだった とろサーモン久保田が後半から追い上げを見せます。

 

どの芸人さんもようすを見ながら常に笑いを堪えている感じ。

空気感は全シリーズの中で一番 好き。和やかに進んだシリーズでした。

 

出演者

  • 宮川 大輔
  • 大地 洋輔(ダイノジ)
  • 久保田 和靖(とろサーモン)
  • 藤本 敏史(FUJIWARA)
  • くっきー(野性爆弾)
  • 斎藤 司(トレンディエンジェル)
  • 川原 克己(天竺鼠)
  • ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)
  • アントニー(マテンロウ)
  • ジミー大西

 

ドキュメンタル シーズン2

 

5段階評価のレビュー

★★★☆☆(3点)

 

ネタバレ感想

今回もジミー大西が活躍。場の空気をかっさらっていきます。

あとは藤本が小ボケをひとつひとつ拾っていくのでジワジワくる。

あとは津田の正統派のコテコテ漫談が単純に面白い。

シーズン2はとにかくいろんなタイプの芸人さんがいました。

 

普段ウケている芸人さんもこのドキュメンタルの場では同じ手が使えないようで、迷子になっていると思われる芸人さんも。

毎回、ルール変更したり ドキュメンタル向きの芸人さんが加えられたりして、徐々にブラッシュアップされて面白くなっていくのもこのドキュメンタルのいいところ。

 

後半はネタも尽きてきて少し失速気味かな〜。しかし追い詰められた頃からまた面白くなる!(笑)

ラストの攻防はまさにドキュメンタリー。この番組の真髄はこういうところかなと思いました。

シーズン2は一番 激しくて緊張感のあった回でした。

 

出演者

  • 吉村 崇(平成ノブシコブシ)
  • 宮川 大輔
  • 大島 美幸(森三中)
  • 日村 勇紀(バナナマン)
  • 児嶋 一哉(アンジャッシュ)
  • 藤本 敏史(FUJIWARA)
  • 斉藤 慎二(ジャングルポケット)
  • 津田 篤宏(ダイアン)
  • 小峠 英二(バイきんぐ)
  • ジミー大西

 

ドキュメンタル シーズン3

 

5段階評価のレビュー

★★★★☆(4点)

 

ネタバレ感想

今回は過去シーズンの結果を受けてブラッシュアップされているもよう。

前回は勢いよく突っ走って最後のほうが尻すぼみだったせいか、今回はコントやネタ重視の落ち着いた芸人さん揃い

そしてゾンビルールが取り入れられたことで、後半の失速がなくなりました

 

器用で巧みな芸人さんが多く、今回は逆に大きな爆発はなかった気がします。

また、用意してきたネタよりも即興が光る回。その中でも春日が神がかっていました

 

あとゾンビはやたら面白い。

とくにケンコバと秋山のネタはやばい。これは歴史に残る。

 

本気でお金を取りに行く芸人さんと、とにかく笑わせられたらOKの芸人さんで戦い方が分かれますね〜。それもまた面白いです。

 

出演者

  • ケンドーコバヤシ
  • 後藤 輝基(フットボールアワー)
  • 秋山 竜次(ロバート)
  • 木下 隆行(TKO)
  • 春日 俊彰(オードリー)
  • くっきー(野性爆弾)
  • RG(レイザーラモン)
  • 伊達 みきお(サンドウィッチマン)
  • 岩橋 良昌(プラス・マイナス)
  • 山本 圭壱(極楽とんぼ)

 

ドキュメンタル シーズン4

 

5段階評価のレビュー

★★★★☆(4点)

 

ネタバレ感想

今回はひとりひとりの個性がとにかく強い

どの芸人さんも積極的に攻防を重ねていて、少し押したら笑ってしまいそうなおもしろ空気がずっと流れていました。

 

後半からは下半身のネタが増えてちょっと見ていられなくなるくらい。

下ネタの過激さはこのシーズンがナンバーワン。

何してもOKらしいけど ここまでOKなのか……。テレビじゃ絶対に放送できない。

 

無茶振りで追い込んだときのクロちゃんが強敵。

あとは、飯尾とフジモンのスケッチブックを使った大喜利ネタが神がかっていました。

あとは黒沢の歌が頭から離れない(笑)

 

過去最高のメンバーが揃った回でした。

 

出演者

  • ノブ(千鳥)
  • 井戸田 潤(スピードワゴン)
  • 藤本 敏史(FUJIWARA)
  • くっきー(野性爆弾)
  • 黒沢 かずこ(森三中)
  • 大悟(千鳥)
  • 飯尾 和樹(ずん)
  • 西澤 裕介(ダイアン)
  • クロちゃん(安田大サーカス)
  • 宮迫 博之(雨上がり決死隊)

 

ドキュメンタル シーズン5

 

5段階評価のレビュー

★★★★★(5点)

 

ネタバレ感想

シーズンを重ねるごとにマンネリになるどころか、だんだんと面白くなっていくのがドキュメンタル。

今回は勢いあり、頭脳戦ありのバランスの良い回でした。

 

千原ジュニアのネタ振りがうまいし、ケンコバが他の人の小さいネタもひとつひとつ拾ってまさにチームプレイという感じ。安定感があります。

その中でも無双していたのがハリウッドザコシショウ。攻めも守りも強くて周りも四苦八苦します。

 

そして脱落してゾンビとなった秋山とその助っ人のネタが神

秋山はゾンビになってからがいつも面白いです。

 

中でもとくにレベルが高く、結果も文句なしのきれいにまとまった回でした。

 

出演者

  • 秋山 竜次(ロバート)
  • 高橋 茂雄(サバンナ)
  • 狩野 英孝
  • 陣内 智則
  • 山内 健司(かまいたち)
  • たむらけんじ
  • ケンドーコバヤシ
  • ハリウッドザコシショウ
  • 千原ジュニア(千原兄弟)
  • ジミー大西

 

▼ドキュメンタルはこちらから視聴できます。無料体験なのに全話 見られて太っ腹なので気になった方はぜひ。

 

▼月400円で映画、テレビ番組、漫画、本が見放題の Amazonプライムがお得すぎ。今なら30日間無料体験できます。

【無料体験】Amazonプライムとは? 年会費 激安のお得なアマゾン会員特典まとめ!

2018.05.02

▼さかがみ をフォローする

Twitter Facebook はてなブログ Feedly Google+

この記事をシェアする