原宿で遊ぶなら竹下口にある猫カフェ「MOCHA(モカ)」がおすすめ! デートでもひとりでも友達とでもOK

うさぎカフェやふくろうカフェみたいな動物と遊べるスポットがたびたび話題になっていますね。

いつか行ってみたいなーと思っていたのですが、3連休の初日、友達が東京に遊びに来て生まれて初めての猫カフェに行ってきました!

 

今回行ってきたのは原宿にある「MOCHA(モカ)」というお店で、ゆっくりくつろげてネコが好きな人には最高の癒やしのお店でした!

 

場所は原宿駅から徒歩1分の竹下通りの入り口

原宿駅 竹下口を出てすぐ目の前の竹下通りの入り口付近にお店はあります。

 

入り口に看板が置いてありました。

 

店舗は2階。この階段を登っていきます。

 

2階へ着くと、右手にガチャ。

 

左手に入り口 発見。

 

料金は10分200円と安い

中に入ると受付があって、最初に料金の説明がありました。

 

料金は10分ごとに200円(税別)

最低30分からとなるので600円でとりあえず入れます。

あと、プラス350円でドリンク飲み放題のオプションがつけられます。

 

入場時に受け取ったロッカーの鍵についてるカードにも料金が書いてあります。

 

受付をすませて中へ

中に入る前にスリッパにはきかえます。

ボタンを押したらスリッパが自動で出てくるハイテクなやつ。

 

荷物は受付でもらった鍵でロッカーへ。

番号の代わりにトランプの絵柄。コンセプトはおとぎの国みたいな感じでしょうかね。

 

少し奥へ進んだところ。

セルフで飲めるお水も置いてあります。

 

横にはネコのおみくじ

 

さらに奥へ行くと、エントランスと書かれた入り口が。

いよいよですかね……!

 

エントランスへ入る

エントランスに入るといきなり入り口脇で寝てるーーー!!

 

か、かわいい……。

 

この本棚の脇でおやすみ中でした。

 

漫画も読める

本棚に並んでいる漫画も自由に読めます

けっこうたくさんある。

 

とりあえず本棚の脇のイスはすべてネコが陣取っているので、ここでは読めない仕様らしい。

 

木材を使った内装の部屋

部屋は2つに分かれていました。

 

1つ目はこの木って感じの部屋

茶と緑系統のやさしい色使いで落ち着きます。

 

基本みんな寝てるんですよね……(笑)

 

気持ち良さそう。

 

どう考えてもかわいい。

 

 

主がいました。

 

お、怒ってますか……?

 

(早く写真 撮るのやめねーかな……。)

 

みんなカメラに慣れてるようす。

 

おとぎの国っぽい部屋

もう1つの部屋は、エレガントなおとぎの国っぽい雰囲気でした。

不思議の国のアリス的な感じ!

 

なんかいろいろスゲー。

王宮に住んでる気分。

 

猫鍋。

 

おやつタイム

店員さんがシートを持ってくると、とつぜん猫たちが一斉に集まり始めました。

 

なんだなんだ……(笑)

あわただしい。

 

どうやらおやつタイムのようです。

 

はい、あーん。

 

はい、順番に……

 

はい、次の人ー。

 

もう待てない!!!

 

器から直でいっちゃいます!

 

ごちそうさまでした。

 

癒されました

行ってよかった!

ただただひたすら癒されました

やっぱりめっちゃかわいいです。

 

あと、おやつタイムのときにいられたのはよかったです。

ご飯タイムは時間が決まっているようなのでそっちも見てみたい……。

 

僕はこういうところ初めてだったのですが、清潔感があったのも意外でした。においも気にならないし。

 

ちなみに僕が行った日の客層は、3割くらいが観光中らしき外国人のお客さん

また、女性が多いですが、男性もちらほらいました。7:3くらいかな。

1人でもカップルでも友達同士でも気軽に行ける雰囲気です。

普通にひとりで漫画読みにいくのもアリかなと思ってしまいました。

 

以上、楽しかったです!

 

公式サイト原宿竹下通り店|猫カフェ MOCHA(モカ)

仕事がイヤになったら

3回転職してきた僕が、転職を考えたら最初に見ておくべきサイトをまとめました。

今では働き方も多種多様。あなたに合った仕事を見つけましょう。

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

投資(株、ビットコイン)とウェブサービス開発で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

ひたすら何かを書いていたい、作っていたい。