効率よく結果を出す法則とは……?

【トラリピの始め方】M2Jの口座に入金しよう

口座開設できたら今度はトレードに使うお金を用意しましょう。

ここではM2J(マネースクエア)の口座に入金する手順を解説していきます。

 

入金方法は2種類

M2J(マネースクエア)の口座に入金する方法は以下の2種類あります。

  • クイック入金
  • 銀行振込み

 

それぞれの特徴は以下。

クイック入金 銀行振込み
手数料 無料 振込み手数料は自分で負担
入金後に口座に反映されるまでの時間 すぐに反映 銀行営業時間内であれば、通常1、2時間程度
対応している銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • セブン銀行
  • りそな銀行
  • イオン銀行

(インターネットバンキングの契約が必要)

指定された銀行に振込みできるなら、どの銀行でもOK

 

理由がない限り手数料が無料で、入金後に口座にすぐに反映されるクイック入金がオススメ。

もしクイック入金に対応している銀行口座を持っていない場合は、銀行振込みで対応しましょう。

 

以下からそれぞれの入金方法を解説していきます。

 

クイック入金で入金する場合

まずはマネースクエアのサイトにアクセス。

右上にある「M2JFX ログイン」ボタンをクリックします。

 

ログインページが出てくるので、IDとパスワードを入力してログインします。

メモ

初期のIDやパスワードは、口座開設したときに送られてきた手紙に書かれています。

 

ログインできたら、さらに「トレードログイン」ボタンをクリック

 

そうするとトレード画面が開きます。

その左メニューの中にある「入出金管理」をクリックし、「クイック入金」ボタンをクリックします。

 

するとクイック入金のメニューが現れるので、自分の使っている金融機関を選択し、入金額を入力

ここでは試しに1万円を入金してみます。

最後に「次へ」ボタンをクリック

 

ここから先の手順は各金融機関によって変わります。

表示される説明を読んで、右下の「クイック入金手続きへ」ボタンをクリック

 

今回試した楽天銀行の場合は 口座へのログイン画面が現れてログインし、金額などを確認して振込み、という流れでした。

だいたい他の金融機関もこれと同じような流れになるかと思います。

 

これで入金が完了しました。

 

取引画面のトップに戻って口座状況を確認してみると、無事に「現金残高」のところに入金した金額が反映されています

 

銀行振込みで入金する場合

まずはマネースクエアのサイトにアクセス。

右上にある「M2JFX ログイン」ボタンをクリックします。

 

ログインページが出てくるので、IDとパスワードを入力してログインします。

メモ

初期のIDやパスワードは、口座開設したときに送られてきた手紙に書かれています。

 

ログインできたら、上のメニューにある「商品・サポート」をクリックし、左メニューにある「M2Jへのお振込先」をクリック

 

振込先の口座情報が出てくるので、こちらに振込みを行います

 

銀行営業時間内であれば、通常1、2時間程度でトレード画面に反映されます。

反映を確認する場合は、ログイン後のページでさらに「トレードログイン」ボタンをクリック

 

うまく入金できていれば、取引トップ画面の口座状況のところにある「現金残高」に、入金した金額が反映されています

 

以上、M2Jの口座への入金方法でした。

次回の記事からいよいよトラリピの設定を行っていきます。