ここは「人生の楽しみ方」まとめサイト

【データベース用語まとめ】テーブル、カラム、フィールド、レコードとは?

データベースでよく使う用語が次の4つ。

  • テーブル
  • カラム
  • フィールド
  • レコード

 

ここでは、これらのデータベース扱うときに覚えておくべき用語の意味を解説していきます。

 

テーブルとは?

テーブルは、データを保存しておくための「表」にあたるものです。

 

例えばお買い物サイトを開発する例で考えてみましょう。

登録した会員情報や、販売している商品情報を保存しておく必要が出てきました。

 

そこで、shopping という名前のデータベースを作成して、そこに

  • 会員情報を保存しておくテーブル(名前: users
  • 商品情報を保存しておくテーブル(名前: items

を保存しておくためのテーブルを用意することにしました。

 

このように特定の種類のデータ一覧を保存することができる「表」がテーブルです。

そして ひとつのデータベースの中には、複数のテーブルを作成することができます

 

カラムとは?

カラムは、テーブルの「列」にあたるものです。

 

例えばユーザー情報を保存しておくための users という名前のテーブルを作成する例で考えてみましょう。

テーブルの中には、ひとりひとりのユーザーIDや名前、住所、電話番号の項目を保存できるようにしました。

 

それぞれの項目にあたる「列」がカラムです。

 

レコードとは?

レコードは、テーブルの「行」にあたるものです。

 

例えばユーザー情報を保存しておくための users という名前のテーブルに、「山田」「佐藤」「鈴木」「田中」の4人分のデータが保存されている例で考えてみましょう。

 

この1件分のデータにあたる「行」がレコードです。

 

フィールドとは?

フィールドは、レコードの中の「入力項目」にあたるものです。

 

例えばユーザー情報を保存しておくための users という名前のテーブルに、「山田」「佐藤」「鈴木」「田中」の4人分のデータが保存されている例で考えてみましょう。

 

一人ひとりのレコードの要素のひとつにあたる「入力項目」がフィールドです。

 

まとめ

以上、データベース扱うときに覚えておくべき用語の意味でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • 「テーブル」は、データの一覧を保存しておくための「表」。
  • 「カラム」は、テーブルのそれぞれの項目にあたる「列」。
  • 「レコード」は、1件分のデータにあたる「行」。
  • 「フィールド」は、レコードの中にあるひとつの要素にあたる「入力項目」。