効率よく結果を出す法則とは……?

Linuxコマンド「pwd」の意味や使い方(カレントディレクトリのパスを確認する)

「pwd」コマンドを使うと、カレントディレクトリ(現在 作業中のディレクトリ)のパスを確認することができます。

 

以下から Linuxコマンド「pwd」の意味や具体的な使い方を解説していきます。

 

「pwd」の意味

「pwd」コマンドは、「Print Working Directory」を略したもの。

英語の意味のとおり、作業中のディレクトリ(カレントディレクトリ)を表示するコマンドです。

 

「pwd」コマンドの基本

さっそく「pwd」コマンドを使ってみましょう。

以下のようにすると、カレントディレクトリが絶対パスで表示されます。

pwd

 

今回の場合は、現在のカレントディレクトリが /home/ec2-user/environment であると確認することができました。

 

今度はディレクトリを移動してみましょう。

以下は「directory1」に移動するコマンド例です。

cd directory1
メモ

cd コマンドの詳しい使い方はこちら

 

「directory1」に移動してから再度、pwd コマンドを実行してみます。

pwd

 

先ほどと表示結果が変わって、現在のカレントディレクトリが /home/ec2-user/environment/directory1 であると確認することができました。

 

ここまでが「pwd」コマンドの基本!

 

「pwd」コマンドの応用

「pwd」コマンドの理解をさらに深めたい方は以下もご覧ください。

 

-L オプション

-L オプションをつけると、カレントディレクトリがシンボリックリンク(あるディレクトリに別の場所にあるディレクトリをひも付けて、その名前でアクセスできるようにする仕組み)の場合、リンク元である論理的なディレクトリのパスを表示します。

 

-L オプションを使用した場合のコマンド例

pwd -L

 

カレントディレクトリが「directory1」で、シンボリックリンクで「directory2」が指定されていたとしても、リンク元である「directory1」のパスを表示します。

 

-P オプション

-P オプションをつけると、指定したディレクトリがシンボリックリンク(あるディレクトリに別の場所にあるディレクトリをひも付けて、その名前でアクセスできるようにする仕組み)の場合、リンク先の物理的なディレクトリのパスを表示します。

 

-P オプションを使用した場合のコマンド例

pwd -P

 

カレントディレクトリが「directory1」で、シンボリックリンクで「directory2」が指定されている場合、リンク先である「directory2」のパスを表示します。

 

まとめ

以上、Linuxコマンド「pwd」の使い方でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • 「pwd」コマンドでカレントディレクトリ(現在 作業中のディレクトリ)のパスを確認することができる。