Linuxコマンドの練習を始めよう。勉強する意味と学習環境の準備

Linux コマンドの勉強を始めることにしたのはいいものの、これがどういうふうに役立つの? 最初は何からやればいいの?

ここではこれから Linuxコマンドを練習する方向けに、勉強する意味と学習環境を用意する手順を解説していきます。

 

Linuxコマンドを勉強する意味

 

アプリケーションを開発するうえでは、プログラムだけなく Linuxコマンドも覚えておく必要があります。

 

Linuxコマンドを使うと、ファイルの作成や編集、削除だけでなく、パーミッションの設定、システムファイルの編集など、普段行うことのできない作業もできるようになります。

プログラム開発では、このようなコンピューターの普段見えていない裏側にあるファイルを操作したり、プラグインやプログラム言語のインストールを行っていくことがありますが、そのときにコマンドを使う必要が出てきます。

 

また、アプリケーションが動いているサーバーでネットワーク設定を行ったり、必要なプラグインのインストールを行うといったときは、Linuxコマンドを使ってメンテナンスすることが多いです。

 

このようにアプリケーション開発のいたるところで Linuxコマンドを使って操作する必要が出てくるため、あらかじめコマンドを覚えて、コマンド操作に慣れておく必要があります。

メモ

アプリケーション開発における それぞれの技術の役割はこちらにも詳しく書いたので、あわせて参考にしてみてください。

 

Linuxコマンドを練習する環境を用意する

Linuxコマンドを練習するには、「ターミナル」という Linuxコマンドが実行できる環境を用意する必要があります。

以下でターミナルを起動するための いくつかの方法を書いていきます。

 

AWS Cloud9 を使ってターミナルを起動する

このプログラミング入門では、これまでに AWS Cloud9 というサービスの登録方法や使い方を解説してきました。

まずはこの AWS Cloud9 でターミナルを起動する方法を解説します。

今後も Linux コマンドの解説は AWS Cloud9 で行っていきますので、このサイトを見ながら まったく同じ環境で勉強したいという方はこのやり方がオススメ。

メモ

AWS Cloud9 の登録方法はこちら、使い方はこちらに書いたので参考にしてみてください。

 

Cloud9 の開発環境を開いて、タブの横にある「+」のマークをクリックし、「New Terminal」をクリックします。

 

するとこのようにターミナルを開くことができました。

このタブで Linuxコマンドを実行することができます。

 

Mac のパソコンに内蔵されているターミナルを起動する

Mac を使っている人であれば、あらかじめパソコンに内蔵されている「ターミナル」というソフトを使うのがかんたんです。

ここで Linux コマンドを使うことができるので、手っ取り早く練習したい場合はこちらの方法もあります

 

Finder を開いて「アプリケーション」の中にある「ユーティリティ」フォルダを開き、「ターミナル」をダブルクリック。

 

するとこのようにターミナルを開くことができました。

このウィンドウで Linuxコマンドを実行することができます。

 

まとめ

以上、Linuxコマンドを勉強する意味と、学習環境を用意する手順でした!

 

ここまでの内容をまとめておきます。

  • アプリケーション開発するうえでは、Linuxコマンドを使ったコマンド操作はかかせない
  • 「ターミナル」を起動すると Linuxコマンドが使える
  • ターミナルは AWS Cloud9 というサービスや、Mac のパソコンで起動して、Linuxコマンドを練習できる

 

それでは次の記事から実際に Linuxコマンドを入力していきましょう。

この記事をシェアする