仕事や勉強のモチベーションを上げる方法。評価とやる気は比例しないという話

こないだブログが書けなくなりそうになった

このブログも月間20万PVという数字が出るようになると、最初の頃には考えられなかったようなことが起こり始め、それと同時にプレッシャーの波がやってくる。

 

知人の知り合いがこのブログを見ていたとか、なぜか学生時代の友人の後輩が知っていたとか、会社で記事が共有されていたとか、多方面でこのブログの目撃情報を知らされ 思いがけなく広まっているのがわかって震える。これが20万PVの力か。ネットも世界も思ったより狭い。

 

このブログなんて少数にひっそりと覗かれて、社会に対して半分 反骨心みたいな誰と戦っているかもわからない自分の心の勢いに身を任せて ただがむしゃらに書いていた。というかそれが唯一のウリだと思って書いてたこのブログが、いつしか間違えたことを書いてはいけないとか、役に立つことを書かなきゃとか、そんなプレッシャーの波に影響されるようになっちゃったりして。なんてつまんないんだろう。

この世に本当に正しいことなんてないとか 周りの目は気にしなくていいとか さんざん言ってきたこのブログなはずなのに、一番 気にしていたのは自分自身ということだった。

グリム童話に出てくる魔法の鏡じゃあるまいけど、理想の自分を映し出す鏡にまで成り下がってしまってた。

 

なんで急にこんなことを書こうと思ったかと言えば、最近 一皮むけて次の境地に向けてワクワクしている気がする。

どんな形であれ面白がられているうちは、まだまだこのブログもいけそうだなーとか思った。

とくに同世代によく見られているうちは楽しいし、もっと面白いことになりそうな気がする。

 

仕事でも勉強でもそうだけど、やる気やモチベーションの波は常に上下する。

成果が見えたり周りの評価が上がったりすると、やる気も比例して上がると思えば必ずしもそうではない。

ある程度わかってしまえば飽きることもあるだろうし、今までより評価されすぎて変に緊張したり固くなったりプレッシャーに押しつぶされたりすることがあるんじゃないだろうか。

そんなときは、自分はある程度 階段を登ったんだってことをまだ認識してない

 

前にお笑い芸人さんが、「売れるためには実力より上の家賃のマンションに住むことだ」とかテレビで言っていたけど あながち間違いではないと思う。

自分の認識を上に持ち上げておかないと、いざ上がるときに上がれない。怖くて現状のままが良いと縮こまってしまう。それはもったいない。

だから自分をもっと肯定して心を一段上のステップに乗せておけばいい。あとからそれが成果や評価を引っ張り上げてくれるくらいでも ちょうどいいんじゃないだろうか、と最近感じた。やる気を上げたいと感じる人は、もっと自分に優しくなればいいんじゃないだろうか。

 

というわけでこのブログもますます広まればいいなと思います。

世知辛い世の中だねーってグチりながら、変化の大きいこの時代を今日も必死に生きていきましょう。

これからもそんな空気感でこのブログを続けていきますので。

 

▼自分の得意や強みがわかる診断ツールがいまなら無料で使えます。たくさんある要素の中から分析できて自分の適性がわかります。

 

▼ちなみに僕が診断したときのようすはこちらにかきました。

あなたの強みや長所は? グッドポイント診断で自分の得意なことが無料でわかる【就職・就活にも】

2017.09.03

▼さかがみ をフォローする

Twitter Facebook はてなブログ Feedly Google+

この記事をシェアする