自分の求める幸せがわかった。最近ブログが楽しいと思った話。本当の幸せとは何か?

僕がこのブログに真面目に取り組んでいこうと思ったのは会社を辞める1週間前のことだ。

4社目の会社を辞めると決めたまではいいものの、それまで次に何をするかなんて考えていなかった。

だけどもう今までのように転職して会社で働いていくのは無理だというのはわかっていた。

すっかり勤め人に飽き飽きしていて限界だった。いい加減しんどくなっていた。

 

今まで副収入でちょこちょこ稼いでいた株で生きていこうか。バイトと掛け持ちでギリギリで切り詰めていけばなんとかなるかもしれない。

それかプログラミングが使えるんだから新しいサービスを作ってみようか、思い切って1年くらい沖縄にでも滞在してみようか。はてさてどうしたものか。

でもこれを知ったら親はなんて言うだろうか。周りはなんて思うだろうか。はー。

 

寝る前にいろいろ思いを巡らせてみたけれど、結局どれもグダグダしながら途中でリタイアしそうだ。

ブログだったら今までに記事がバズったこともあるし、本気でやればもしかしたら良いところまでいけそうな気がする。

まあ貯金もあるし3ヶ月くらい集中したら何かが開けるかも。

ブログのきっかけはそんな半信半疑のおぼつかない心境でのスタートだった。

 

最初はもちろん収入はほとんどない。不安が4割。

だけどかろうじて不安が半数を占めなかったのは、貯金があったおかげだと思う

1年ニートで暮らすくらいは平気だったから、海外留学でもしていると考えたらそこまでたいしたことない気がする。

「会社を辞めて自分探しの旅に出かける」みたいな人だっているんだから、同じように自分探しのブログ生活なんてのも悪くない。

そう考えたら気持ちは軽かった。

 

とにかく書き続けたらいい。

自分が世間から外れている感情の波が土手まで迫ってくるのを打ち消すかのように、とにかく書き続けることを肯定しようとした。

 

3ヶ月ほど経ったとき、自分の心の中で光が見えたと思う。

単純に書いたものを見られていることがこんなに楽しいなんて

日に日にSNSなどでブログのコメントがもらえるようになったり、ときには長文で感謝のメールをいただいたりした。共感してくれる人がたくさんいた。

 

もう地位とか名誉とか、贅沢したいなんてことは思わない。自分のことを良く思っていない人に好かれようとも思わないし、嫌われてもいい。安定した生活じゃなくてもいい。

本当に共感できる仲間と、ブログを見ている読者の方、Google の検索結果からやってきてザッピングしてくれる通りすがりの方。書いた分だけ わかってくれる人がいる、感謝してくれる人がいる。

そして家族や親戚、親しくしてくれる友達がいたらもう充分だ。

 

自分の求める幸せがはっきりわかった。

一般的ではなくてもこの幸せをちゃんと認めて欲しい。いや、認めてもらえなくても構わない。

本当の幸せは死角になっていただけで、すぐ手の届く上の棚の引き出しの隅にあった。

僕は今、今までの人生で一番 幸せだと思う。

この記事をシェアする

 

▼これからブログを始めようと思っている方はこちらの記事もどうぞ。

初心者向け WordPress 導入手順! サーバーに構築、テーマのインストール、ドメイン設定まで

2018.04.26

▼他のブログサービスから WordPress(ワードプレス)に移行したい人向けの記事はこちら。

はてなブログからWordPressへ引っ越し! 最新の移行手順をまとめる(エックスサーバー編)

2017.08.17