小さな夢なら多くの人が叶えられる

最近思うのは、小さな夢ならわりとすぐに叶えられるということ。

 

僕も最近になってやっと気づいたことだけど、大きな夢を見過ぎているせいで夢を諦めかけていることがあまりに多い

今から未来のなりたい自分を考えておいて、そこから逆算しておかないとどこかで詰んでしまうような空気が色濃く出過ぎで、みんながプレッシャーを抱えながら生きているのが今の日本だと思う。

 

学生時代の僕の友人で、棒高跳びで日本のランキングに入るくらい実力のある人がいた。

その友人からは、棒高跳びを続けて世界に行きたい、とそんなことを聞いていた。

そしてたぶん行くんだろうなあとも思っていたけど、それほどの実力を持った人でも、久しぶりに同級生の結婚式で会ったときに話を聞いてみたら、自分よりもっとすごい人がたくさんいて、生き残れない、とわかって夢を諦めていることを知った。

 

だからといってそこで夢が終わったわけでもなくて、今度は体育の教員を目指しているとのことだった。

 

席が限られている大ヒットは一握りの人しか打てない。大きな野望が叶えられるのは一握り。

大統領になりたい、宇宙飛行士になりたい、プロサッカー選手になりたい。

そんな大きな夢を見るのは素晴らしいことでとても大切なことだけど、もし、万が一だけど、心の奥底のどこかで諦めかけていて、

「オレなんて……。」

「私なんて……。」

って考えてるくらいなら、いっそのことちょっとした夢ならすぐ叶えられるということに気づくべきなんじゃないかと思った。

 

多くの人が夢を諦めてリタイアしていく中で「ああ、終わった……」なんて言葉が出てくるのだけどそれは違う。

それは夢が大きすぎただけで、現実を見てみると、実はもっと小さく簡単に考えれば3ヶ月後にでも実現できて、しかもそこそこ憧れていたことが実現できてしまったりする。昔は無理だったけど、今はそれができる。

大ヒットは無理でも次の塁に進むためのバントの打ち方なら一度覚えれば何回もできるし、そこそこ得点を重ねられる

 

もっと広い視野で、もっと将来のことを考えていくのが難しい人は、いっそのこともっと狭い視野で、もっと将来のことを考えずに、目の前の今できることがあって、それを精一杯やっているだけで十分だと思う。

 

まずは自分が幸せならそれでいい。

そう気軽に考えると毎日が楽しい。

 

そんなこんなで、求める人がいたら、そういう人をもっといろんな角度から支援できるような なにかを作りたいなあ、なんてことを最近は思ったりしている。

いつかやりたいと妄想してるくらいだけど、たぶんそのうちやる。

 

関連記事

日本一有名なニート phaさんの自由な生き方を見た感想と考えたこと(ザ・ノンフィクションより)

2017.06.25

堀江貴文「多動力」のレビューと感想。興味のあることにハマっておくと、その経験は意外なところで繋がる。

2017.07.23

成功に必要な才能と努力の考え方。紳助が吉本の若手に伝えた夢を叶える方法が刺さる

2017.06.17

社会で消耗したい人と消耗したくない人がいることを覚えてから世界が広がった

2017.04.06

フリーランス最高! と感じるおさえきれない今の気持ちをここにぶつける

2017.08.03

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

投資(株、ビットコイン)とサイト運営で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「あれ、もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

社会の波に流されながらも自由に生きていきたい人です。