恋愛を楽しくする方法を書いてみる

f:id:sakagami5:20170221182532j:plain

  

今日はみんな大好き恋愛ネタで攻めてみる!

べつにめっちゃ経験してるってわけでもないし、恋愛が得意っていうわけでもないけど、こんな僕だって人並みには異性の方と付き合ってきたんじゃないかなと勝手に思ってます。

  

まあ人の恋愛って公に見えるもんじゃないから普通なんてのはわかんないけど、たぶん中の中くらいかな。

  

というわけで、恋愛が楽しくなる僕なりの理論を書いてみるよ。

正直、書くの恥ずかしいけどせっかくだからね!

  

恋愛が楽しいのは非日常感を味わえるから

恋愛が楽しいってやっぱり非日常を味わえる感覚からきてると思ってる!

最近、恋愛とか結婚をあえて望まないって人も増えてきたけど、それは現代になって娯楽がたくさん増えて、インターネットやゲームで非日常感をすでに味わえてるから。

  

六本木ヒルズのイルミネーションをみて

わー、キレイ!!

水族館でクジラが

デカー!!

東京タワーで

うわーめっちゃ高いー!!

みたいな、そんな非日常感と一緒。(違う?)

  

こんなふうに今は刺激を求めればインターネットで映画見たり音楽聴いたり、ちょっと出歩くだけで娯楽もたくさんあって、恋愛はそんなたくさんある刺激を味わえる体験の中のひとつになってるだけ。

だって娯楽がないもっと昔の時代だったら、恋愛って一番身近にある画期的な非日常だったはず。

  

だから恋愛って単純に楽しいし、面白いって感覚なもので頑張るとかってもんじゃない

  

恥ずかしいことをするほど楽しくなる

だから大事にしないといけない合言葉は “非日常“!

  

恥ずかしいことをやればやるほど恋愛が楽しくなると思います。

いや、やらしい意味じゃなくて!!

  

例えば、アイスクリームが口についてるのを拭いてあげたらいいし、やさしい言葉をかけて頭ナデナデすればいい。

横断歩道で信号が青から赤に変わりそうだから手を引いて走って渡ればいいじゃん、一昔前のドラマみたいに! 吊り橋効果ってやつや!!

  

書いてるだけでめっちゃ恥ずかしいし くすぐったいけど、これやってるカップルたぶんめっちゃ楽しいよ?(笑)

こんなのディズニーランドのスプラッシュマウンテンでも味わえない。

  

2人の世界なんですよ。

普段ではなかなか味わえない非日常感。

  

そんな恋愛がいいなあと思う妄想でした!

こちらからは以上です!

この記事をシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

投資(株、ビットコイン)とサイト運営で生きている1989年生まれの個人投資家ブロガー。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

石川県から上京して7年間 エンジニアとして大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのち「あれ、もう副業だけで食っていけるんじゃね?!」と独立。

社会の波に流されながらも自由に生きていきたい人です。