2017年 水曜どうでしょうの新作情報を時系列にまとめる【企画内容や行き先は?】

2017年8月7日 最新情報を追記。

  

f:id:sakagami5:20170213161936p:plain

  

水曜どうでしょうが好きで好きでたまらない さかがみ です!

新作に向けて動き出しているということが公式に発表されましたので、こちらで最新の公式情報を時系列にまとめていきます。


  

  

2016年1月7日 鈴井さんが Twitter で次回作について発言

「初めてのアフリカ」の放送が終わってから2年、2016年の年明けの鈴井さんのツイート。

次回作のネタを温めているようす。

  

2016年12月12日 鈴井さんから Twitter にて最新作の動きと思われる発言

年明けから新たな情報がないまま年末になり、忘れたころにまた新たな情報が。

  

打ち合わせが終わったような雰囲気を匂わせています。

写真にある顔ぶれ、大泉さんに対しての発言、これは今まで見てきた方ならわかるとおり、水曜どうでしょう最新作に対する動きと考えられます。 

  

2016年12月13日 LINEライブにて新作の企画内容に関する発言。新作は南半球?!

その翌日、LINEライブにてディクターの藤村さん、嬉野さんから新たな情報が。

飲みの席でそろそろ次回作をやるという話が持ち上がったとのこと。

藤村: 実は昨日ね、3人で飲みまして。

  

嬉野: そうですね、いつものお店で。

  

藤村: いつものお店で飲みまして、まあそろそろやりますか、みたいな話をね、まあ、しました。

  

そして、番組の最後に企画の内容の話に。 

場所は南半球のどこからしい。

藤村: 次は南極です。

  

嬉野: 言っちゃった。

  

藤村: 言っちゃった。

藤村: 2泊3日で南極行きます。ペンギンを大泉に捕まえてもらいます。

藤村: ごめんなさい、ウソです。やっぱりさすがに南極はない。ただ南半球です

  

そのLINEライブはこちらから見られます。


  

2017年1月8日 水曜どうでしょう公式サイトで新作を匂わせる発言

水曜どうでしょう公式サイトの「本日の日記」にて、新作のロケに出発したこと匂わせる文章が公開される。

2017年1月8日(日)

 

 

 

行ってきます。

 

 

どうでしょう軍団

(09:55 藤村)

 

2017年1月12日 新作撮影は2017年中と明言

朝日新聞にて、新作の撮影予定が年中だと明かされる。

今年は「水曜どうでしょう」の新作を撮影する予定です。2013年に放送されたアフリカ編以来ですから4年ぶりのことです。

  

水曜どうでしょう新作撮影へ 藤村D「大泉さんやる気」:朝日新聞デジタル

  

2017年2月10日 新作が始動、放送日は未定とのこと

水曜どうでしょう公式サイトの「本日の日記」にて、新作がすでに動き始めているということが公開される。

放送日は未定とのこと。

2月10日金曜日。藤村でございます。

「行ってきます」と書いたままご無沙汰しておりました。すいません。

2017年の年明け、水曜どうでしょう新作は始動いたしました。ただ放送日などは全くもって未定でございます。楽しみにお待ちください。

  

2017年3月19日 女川町復幸祭2017のトークライブにて、新作のロケが進んでいることと内容について言及される

女川町復幸祭2017のステージイベントに、水曜どうでしょうのディレクターである藤村さん、嬉野さんが出演。

そこで水曜どうでしょうの新作の話題にも触れており、すでに2回ほどロケに行っていることが明かされる。

また今回、大泉さんが一番どうでしょうに意欲的とのこと。

藤村: 水曜どうでしょうの新作をね。

  

嬉野: おーっと。

  

藤村: これを、まあ、やっておりまして。

  

嬉野: なるほどなるほど。

  

藤村: 2回ほどロケに行ったのはもうわかってると思うんですけどね。

  

嬉野: 2回ほどって、まだ行くつもりですよね。まだ行こうと思ってますよねえ。

  

藤村: あー……うーん。

藤村: 大泉さんなんかね、あそこにもあそこにもポスターになってましたねえ、ドラマの……あんな大泉さん大きくなっちゃってなんつってさあ、それでもいま一番、どうでしょうをやりたがってるのは大泉洋ですからね。

  

嬉野: そうでしたね、なんかね。

  

藤村: 誰よりも熱心で。ほんで、ね? 我々案外、忙しくなっちゃって。

  

会場: (笑)

  

藤村: 我々の方がですよ?

藤村: 復興祭だあ、先週は茨城県に行って、下妻に行ったりして、あちこちでね、こうやって呼ばれるわけですよ。俺らの方がよっぽど……。

  

嬉野: いや、そうか。大泉さんだって聞けば、どうでしょうのためにね、ずいぶん時間を割いて、わざわざ1週間ぐらいね、時間を作ってくれたらしいじゃないですか。

  

藤村: 「1週間もあけます」つって。正月明けくらいですか。

  

嬉野: あなた断ったんじゃないの。

  

藤村: 断った。

  

会場: (笑)

  

嬉野: そんなにいらねえっつって。

  

藤村: そんなにいらねえなあと思って。

藤村: 俺もちょうど行かなきゃいけないのもあったし、かぶってんなあと思って。

  

嬉野: いま超売れっ子の役者が1週間割いて出したのにさ、俺らの都合で……。

  

藤村: アハハハハ(笑)

藤村: 大泉洋が言ってましたもん。今まではさあ、十何日間よこせとかってこっちがさあ、何言ってんだ、そんなおれ暇じゃねえんだ、1日でも短くしてくれって言ってたのがさあ、あいつがやる気になってさあ、「1週間あけました」つったら、マネージャーに、「おい、1週間はいらねえなあ。そりゃいいわ、他のを入れていいよ」って。初めて返された。大泉さん若干ショックだったもんね。

  

嬉野: ただまあいきなりすぎるんだよね。来月とかって言われても困る。

  

藤村: そうなんだ。あいつがだいたいスケジュールが忙しいのわかるけどさあ、ちょっと急すぎたんだよね?

  

嬉野: 急すぎた。

  

藤村: 我々なりに、いろいろね。企画を次何やりましょうなんてミスターさんとしゃべって飲んで話してるのに、なんとなく固まりかけたものはあったんだけど、それがさあ、年末、年明けすぐでしょ? その1ヶ月前ぐらいにさあ。なんか「大泉さんスケジュール取れそうですが」。マネージャーがうれしそうに(ガッツポーズをして)こうやってきてさ、企画も別に固まってねーし、忙しいし……うーん、じゃあ3日もいらねえからって全部返したっていう。

藤村: そうするとあれですよ? 水曜どうでしょうをね、楽しみにしている方々が数多くいらっしゃるわけじゃないですか。新作のロケに行ったなんつったら、もうネット上のニュースなんてのはすぐにさあ……

  

嬉野: またあんたらが写真とか上げるから。ミスターが上げちゃうから……。

  

藤村: そんなことやってるもんだからねえ、騒いで騒いで、とかなってるわけじゃないですか。ほんと新しいの見たらがっかりしますよ?

  

会場: (笑)

  

藤村: なんでこんなに体たらくなんだっていう。

  

嬉野: うん、そうだね。それも撮影中も言葉にして言ってるもん。

  

藤村: アハハハハハ(笑)

  

嬉野: なかなかあれも技ですよね。できそうでできない。

  

藤村: そうなのそうなの。俺はね、まだもちろんなんにも手をつけてないですからね。どうなるかわかりませんけども。皆さんがまあ……そうだね……ショックを受けるかもしんないね。でもそれがいいと思うんだよね。アフリカとか行ったって文句言うわけですよ。こいつらは。

  

嬉野: どこをね、指差してるか知らないけどさ(笑)

  

藤村: 中にはいるわけですよ。そういう人たちに対してカツを入れる。「お前アフリカどれだけ面白かったか思い知らせてやる!」っていう(笑)

  

嬉野: そうかそうか、まだおめえ、アフリカの方が……

  

藤村: まだいいぞお前!

  

嬉野: まだ海外に行ってんぞコノヤロウってことだよね。なるほどなるほど。

  

藤村: バカヤロウ、何言ってんだっていう。

  

嬉野: さすが先生。やっぱり深いですね。

  

藤村: そうですそうです。

  

嬉野: 一気に全体のトーンを下げたいというね。

  

藤村: そうですそうです。

藤村: 下がらせないと上がらないですから。だからそうするとこんな体たらくだって言うとちょっとなんかやったらもう次は「うわー、やっぱ面白い」ってなるもんね。「もうアフリカとかそんなのいりません。そこらへん、ちい散歩みたいのするだけでもう十分です」みたいな。そこまでやっぱ一回レベル下げたいんだよ。

  

嬉野: そりゃもう授業中に授業妨害してね。学年全体のレベルを下げて、あんまり勉強してないんだけども上位に立とうという。そういう感じでしょ?

  

藤村: そう、そういう感じです、そういう感じです。

藤村: そうなるとネットもね、ニュースも逆に新作だって言ったって、「ふーん」って。ね? そういう状況が良いわけですよ。

  

嬉野: いや、確かにそうかもしんない。

  

藤村: またみんなからそっぽを向かれたっていう。そのときにこそ我々、真価が発揮されますよやっぱり。

  

嬉野: そうだね。そっから始まるんじゃないかな。

  

藤村: そっぽを向かれると我々やっぱあそこらへんで管を巻くわけですよ。4人固まって。「あんなに言ってたのによぉ」つって。

  

嬉野: すごいよね。そっぽ向かれてから管を巻くところが始めのとこだから。

  

藤村: 大泉だってさあ、去年ねえ、真田丸やってさ、CMずいぶん多いじゃないですか。肝心の水曜どうでしょうが信用を失墜させちゃってさ。大泉洋もCMが全く来なくなっちゃったみたいだし。うーん、4人で管巻いてってのはいいよぉ?

  

嬉野: 緊張感あって良いよね。そんなおっかない鬼いないもん。

  

藤村: アハハハハ(笑)

藤村: 俺はね、そこまでやりたいんだよね。

  

今回はなかなかハードルを下げた発言をされていますね。

だけど最後は盛り上がるらしい。

嬉野: 久しぶりにみると面白かったです。

  

藤村: 面白いですわ。水曜どうでしょう、やっぱり面白い。

  

会場: (笑)

  

嬉野: 何べん見ても面白いですもんね。

嬉野: 別に新作もう作らなくていいんじゃないですか?

  

藤村: またずーっとあれやってるもんね。

藤村: 新作はやってるよ? やってるけどみんな「えっ」って言うからな

  

嬉野: 「えっ」っていうか? うーん、言うかな。

  

藤村: 新たな歴史を作りますから。

  

嬉野: ポカーンとするかな。

  

藤村: うん、ポカーンでいいんじゃないんですか? ポカーンとしてるのも見たいですよ。

  

嬉野: そうですよね。

  

藤村: そうすると批判もできないんですよ逆に。

  

嬉野: そりゃそうです。まだ何かあるんじゃないかと思います。

  

藤村: まだ何かあるんじゃないのか、これでいきなり「いやあ、今回の新作はどうなんだろう。」で見てるうち、これは素人だ。逆にバッシングされますよ。「バカいうな、どうでしょうの力をみんなわかってない。今回は前フリだ。」

藤村: 翌週も……フフフフフ……(笑) うーん……まあでも、俺たちは4年待ったんだ。

  

嬉野: そうそうそう、あるからねえ(笑)

  

藤村: うーん、2週ぐらいは……。

藤村: 3週目。どこで一揆を起こすかだね、こいつらが。俺たちをナメてんのかっていう。

  

嬉野: ただ5週目くらいで盛り上がる

  

藤村: あぁ、とはいえ最後は盛り上がっていきますよ。

  

2017年6月2日 うれしーのエッセイの発売記念インタビューにて、新作が撮影中、放送は年内ではないだろうという話に触れる

カメラ担当ディレクターの嬉野雅道氏のエッセイ第二弾『ぬかよろこび』の発売を記念して、オリコンがインタビュー。

その中で水曜どうでしょうの新作についてもコメントされています。

撮影中なんですよ。

  

放送は年内ではないだろうと。

  

長時間やってると、ある程度なんでもおもしろくなってくるっていう、そういう臨界点があるので。

  

我々迷走しながらやってますよ。

  

撮影快調、放送未定っていうそんな感じじゃないかと。

本質は変わらないと思うんですよ。ただ、年もとるしさ。年をとるってことは大きいと思うよ。飽きっぽくなるとかね。我慢が続かないとか(笑)

そういうものと折り合いつけながらやっていくっていうことかな。一生どうでしょうするってことはって思ってんだけど。

  

変えちゃいけないのは、自分に正直ってことだね。

本当に面白いって思ってるから笑うっていう。

  

全く何にもないっていう。知名度もない、予算もないっていう状態の困難さとハッピー感と。で、そっから20年経って、どうでしょう必ずおもしろいっていうふうに思われてるときの今の状態と、やっぱりかなり違うじゃないですか。状況としては変わっているかなっていうところがある。けども、我々の気持ちとしては、変わってはいないと思いますよね。

  

実際のインタビューの動画はこちらから見られます。


嬉野D『水曜どうでしょう』新作放送日をポロリ… エッセイ第二弾『ぬかよろこび』インタビュー

  

2017年7月7日 「OOPARTS」のDVD発売記念イベントにて、撮影続行中を匂わせる発言

鈴井貴之さんが手掛けるプロジェクト「OOPARTS(オーパーツ)」のDVD発売記念イベントにて、藤村忠寿さんとのトークショーが行われ、水曜どうでしょう新作の話題にも触れる。

 「水曜どうでしょう」については、今年1月に4年ぶりの新作が撮影されることが発表されており、トークショーで番組の話題について触れられると、藤村さんは「『安心してください、やってます。』そして『放送日は未定』ですね」と語り、鈴井さんは「今年の頭からやっている。もっと言うと、まだやります」と明かして、観客を沸かせていた。

  

鈴井貴之&藤村忠寿:「水曜どうでしょう」4年ぶり新作語る 「安心してください。やってます」 – MANTANWEB(まんたんウェブ)

  

まとめ

今のところ確定している情報としては、

  • 新作のプロジェクトはすでに始動している
  • 南半球のどこか
  • すでにロケは2回は行っている
  • 現在、撮影中
  • 編集はまだ何も手をつけていない
  • 放送日はまだ未定で、年内ではなさそう

ということでした!

楽しみですねえ。首を長くして待っています。

  

また新しい情報が出たらこちらの記事に追記していきます!

  

水曜どうでしょうが観られるサイト

auビデオパス

最新作をはじめとした、過去の名作がスマートフォンやタブレット、パソコン、テレビなどで観られます。 

  

楽天SHOWTIME

こちらも新作をはじめ、過去の名作が見られます。

有料レンタルの他に完全無料で観られる回もあります

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株とブログとプログラミングで生活している東京在住のフリーランス。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのちフリーランスに。

お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。