rails 3 で Amazon SQS を使ってみた手順

Amazon SQS は、AWSが提供する分散キューサービス。
APIを使ってアクセスが可能。

rails アプリケーションの作成

rails new name(任意のアプリケーション名)
cd name

AWS SDKの導入

Gemfile を編集する

vi Gemfile

以下の一行を追加

gem "aws", "~> 2.5.6"

Bundlerでインストール

bundle install

テスト

キューを作成して、プッシュとポップを行う

  • app/controllers/queue_controller.rb
require 'aws'
class QueueController < ApplicationController
# データをキューに入れる
def push
sqs = Aws::Sqs.new(aws_access_key_id, aws_secret_access_key)
queue = Aws::Sqs::Queue.create(sqs, 'myqueue', true)
queue.send_message('Hello!')
end
# データをキューから取り出す
def pop
sqs = Aws::Sqs.new(aws_access_key_id, aws_secret_access_key)
queue = sqs.queue('myqueue')
message = queue.pop
end
end

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

株とブログとプログラミングで生活している東京在住のフリーランス。

このブログには毎月15万人くらい訪れます。

田舎で生まれ、上京して7年。大手SIer → ウェブ系ベンチャー → スタートアップ創業期を経験したのちフリーランスに。

お金持ちにならなくていいから好きなことをしたい。好きなことを続けるためにお金が欲しい。